これをやったら良さが半減!

今回はDUOクレンジングバームのやってはいけない使い方をご紹介します。

 

間違った使い方をしていると、DUOの良さも半減してしてしまいます。
せっかくDUOクレンジングを使っているのに・・・それでは宝の持ち腐れになってしまいますね。
DUOクレンジングバームの美容成分や毛穴汚れの対策など、最大限に引き出す使い方をしていきましょう!

 

DUOクレンジングバーム冷たい水で洗顔している

 

冷たい水で洗顔をしていませんか?
「メイクの落ちが悪いかも」と思ったら、洗顔をする水の温度を確かめてみましょう。
クレンジングに適切な温度は、人肌よりも少し低いぐらい。手で触ってみて「ちょっとぬるいかな」ぐらいが適温です。
ぬるま湯でクレンジングをすることで、メイクの油も余分な皮脂汚れもスッキリ洗い落とすことができます。
冷たい水で洗顔してしまいますと、メイクの油も余分な皮脂も固まってしまい、落ちにくくなってしまうのです。

 

かといって、熱すぎるお湯もNGです。
洗顔の水が熱すぎると、お肌への刺激が強すぎて、乾燥肌の原因になってしまいます。

 

洗顔をする水の温度を、ぬるま湯にするだけで、メイクの油も余分な皮脂の落ちが抜群によくなっていきます。

 

DUOクレンジングバームぬれた手でクレンジングしている
「お風呂でクレンジングバームを使いたい」という方もいらっしゃるかと思いますが、塗れた手でクレンジングバームを使うのはNGです。
ぬれた手でクレンジングバームを手に取ると、バームが白くドロドロになってしまい、メイクにしっかりとなじまなくなって、落ちが悪くなってしまいます。
これには、理由があります。メイクの油を水で洗い流すためには、「乳化」させることがが必要です。
「乳化」させなければ、水と油はなじむことができません。
塗れた手でクレンジングバームを手に取ると、「乳化」の力が弱まり、メイクの油分と水がなじみにくくなってしまうのです。

 

また、塗れた手でも使えるクレンジングもありますが、注意が必要です。
とっても便利ですが、その分強い成分(界面活性剤)が多く含まれていることが多いため、お肌に刺激が多くなってしまいます。

 

お肌にやさしい、とうたわれているクレンジングは、基本的には「塗れた手での使用はできない」ものがほとんどなのはこのためです。

 

 

DUOクレンジングバームダブル洗顔をしている

 

クレンジングバームの口コミを見ていますと、時折
「洗い上がりがヌルヌルするので、ダブル洗顔をしている」
という声があります。
クレンジングバームを使った後、ヌルヌルするのは、うるおいや美容成分です。しっとり感がお肌に残るようになっています。
クレンジングをした後に、洗顔をしてしまいますと、お肌に必要なうるおい成分まで全て洗い流してしまうことになってしまいます。

 

うるおい成分は、お肌のバリアです。
顔を洗えば洗うほど、お肌のバリア機能は失われ、無防備な状態になってしまうのです。
乾燥肌や肌荒れの原因になりますので、洗顔のし過ぎには注意が必要です。