クレンジングはきちんと選ぼう

 

クレンジング、きちんと選んでいますか?

 

・価格が安いから
・テレビコマーシャルで、モデルさんが使っていたから
・濃いメイクもスルッと落とせるから

 

という理由だけで、クレンジングを選んでしまうのは、ちょっと危険です。

 

実はクレンジング選びは、お肌にとってとっても重要なんです。

 

今回は、なぜクレンジングをちゃんと選ばなければいけないの?
この理由をご説明していきます。

 

 

 

 

実はお肌に悪い?クレンジング

 

メイクは基本的に、油分でできています。肌についた油分を落としたい時、お湯や水で洗っても落とすことはできませんね。
石けんでもなかなか落とすことはできません。

 

「水と油」ということわざもあるぐらい、このままでは絶対になじませることはできません。

 

ではなぜクレンジングを使うと、油分のメイクを水やお湯に簡単になじんで、メイクを洗い流すことができるのでしょうか?

 

それはクレンジングの中に、「界面活性剤(かいめんかっせいざい)」という成分が入っているからなんです。

 

「界面活性剤」は、水と油を仲良くさせて、なじませることができる成分です。

 

この「界面活性剤」が、お肌には刺激が強い成分なんです。ということは・・・
クレンジングはお肌に悪いということになってしまうのです。

 

「界面活性剤」はお肌に悪く、クレンジングには必ず入っていると思ってください。

 

 

 

 

 

 

正しいクレンジングの選び方

 

お肌に悪い影響を与えるクレンジング。ではお肌のために、どのように選べばいいのでしょうか?

 

正しいクレンジングの選び方をご紹介していきます。

 

濃いメイクがスルッと簡単に落とせる、良く落ちるものはNG!

濃いメイクが楽に落とせるのは「界面活性剤」がたくさん含まれているから。アイメイクなどのポイントメイクだけにして、顔全体に使うのはやめましょう。

 

洗い上がりにお肌がつっぱるものはNG

洗い上がりにお肌がつっぱるのは、お肌に必要なうるおいまでも洗い流されてしまっているためです。
この場合も、「界面活性剤」がたくさん含まれていることが考えられます。乾燥肌の原因になってしまいますので、すぐに変えましょう。

 

手の摩擦がお肌に伝わりやすいのはNG

界面活性剤が含まれる量が少なくても、クレンジングをするときに肌をこするのも刺激になってしまいます。
リキッドタイプやオイルタイプは、お肌に刺激が伝わりやすいので注意が必要です。使う場合は、時間をかけずにサッと洗い流しましょう。

 

 

クレンジングは形状で選ぶ

クレンジングを選ぶとき、どこに気をつけたらいいのでしょう。界面活性剤がどのぐらい含まれているのかは、外見からでは判断しにくいですね。

 

そこで、クレンジングの形状に注目してみると、界面活性剤がどのぐらい使われているかのめやすにすることができます。
クレンジング選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

 

・ジェルタイプ
透明なものは界面活性剤は多めのことが多いことがあるので注意。乳白色なら少なめです。(DUOクレンジングバームはこのタイプに近い)

 

・ミルクタイプ
界面活性剤の量は、比較的少なめです。その分、洗浄力は弱めです。

 

・クリームタイプ
油分と水分のバランスが良く、肌への摩擦も少ないものが多いです。

 

・リキッドタイプ
油分が少なく、メイクになじみにくいので界面活性剤は多めです

 

・オイルタイプ
油分が多いので、メイクにはよくなじみますが、より多くの油分を流すための界面活性剤が多く含まれます。

 

 

・拭き取りタイプ
油分が少ないので、界面活性剤は多めです。水でのすすぎがいらないのでいつでもどこでも使えるのが便利ですが、こすって肌を傷つけることもあるので、できるだけ使わないほうがよさそうです。

 

 

 

浸透 (※角質層まで)
エイジングケア(※年齢肌に応じたケア)
くすみ(※乾燥による)
乾燥小じわ(乾燥による小ジワを目立たなくする効能評価試験済)