食用オイルでクレンジングするのは安全?

 

市販のクレンジングには、界面活性剤が使われています。
界面活性剤は、油分であるメイクや皮脂を水やお湯で洗い流すためにはなくてはならないものです。
ですが界面活性剤は、お肌には良くないものです。

 

界面活性剤については、こちらのページでご説明しています>>
クレンジングの正しい選び方

 

界面活性剤を使わずに、何とかメイクを落とすことができないか?ということで、
食用オイルを使う、という方法もあります。
油分のメイクを油分であれば、なじんで落とすことができるからです。
この食用オイルを使ったメイク落としの方法は、お肌にとってどうなのでしょうか?

 

 

食べるものなら安全か?

 

食用オイルなので、お肌にぬっても安全、と思いますよね。
食べても大丈夫なんですから、お肌にも安全に決まっています。

 

ですが、実はそうとも限らないんです。
わかりやすく説明しますと、昔流行ったレモンパック。
レモンの輪切りをお肌にのせる、というものですが、今では実践されている方は
いらしゃらないでしょう。レモンの酸は強すぎて、かえってお肌を傷めます。
同様に、食べられるものなら、お肌にも安全、というものとはいいきれないのです。

 

食用オイルも同様です。
食用のオリーブオイルやココナッツオイルは、何となくお肌によさそうなイメージがありますが、
実は天然の油には、不純物が含まれています。
化粧品として販売されているオイルは、不純物が取り除かれていますので安全です。
ですが、食用のオイルには不純物が含まれていますので、お肌の刺激になってしまいます。

 

さらに、美容と健康によいと最近人気の「オメガ3」。
エゴマ油とアマに油が話題になっています。これらは食用としてはとっても優秀です。
ですが、肌にぬるとオイルが肌の上で分解が起こり、酸化していしまいます。
この酸化はお肌の老化促進につながってしまいます。

 

ですので、メイク落としには食用オイルはNG!
オイルでメイク落としをするのなら、化粧品用に販売されているオイルを使いましょう。