ニキビを作らない洗顔

ニキビはなぜできる?

 

ニキビができるのは、本当にイヤなものです。
ニキビがあるだけで、自分に自信が持てなくなってしまう方も多いのではないでしょうか?
今回は、ニキビができにくくなる洗顔方法についてまとめてみます。

 

まず、なぜニキビができてしまうのか、箇条書きでまとめてみました。

 

1、過剰に分泌された皮脂が毛穴汚れに詰まってしまう
2、皮脂が詰まった毛穴汚れに、アクネ菌が閉じ込められる
3、アクネ菌が皮脂を栄養にして毛穴汚れの中で増えてしまう
4、アクネ菌が増えてをおこし、ニキビができる

 

つまり、ニキビができる根本的な理由は、過剰に分泌した皮脂が毛穴汚れに詰まってしまうことなのです。

 

お肌の汚れをそのままにしてしまったり、洗顔のし過ぎによって
毛穴汚れの角層が厚くなってしまい、毛穴汚れが詰まってしまいます。

 

ニキビを予防するのなら、まず洗顔方法を見直すことがベストです。

 

思春期でニキビができるのはホルモンにの影響も関わっています。

 

 

ニキビ用の殺菌剤はどうなのか?

 

CMなどでよく見かける「アクネ菌」の殺菌化粧品。
「アクネ菌」がニキビの原因とされていますが、でも「アクネ菌」って本当にお肌にとって良くない菌なのでしょうか?

 

「アクネ菌」は実は「皮膚常在菌」といって、外部の雑菌からお肌を守る働きをしてくれています。
ですので、「アクネ菌」は本来お肌のためにいいことをしてくれているんです。
ですので、一方的にニキビを「アクネ菌」のせいにしてしまって殺菌してしまうことは、お肌にとってはいいいこととはいえません。

 

さらに殺菌剤は「アクネ菌」だけでなく、他の「皮膚常在菌」も殺菌してしまうのです。
結果的に殺菌剤を使うと、外部の雑菌が肌で繁殖してしまい、ニキビが増えることもありえるのです。

 

さらに殺菌剤を使い続けていくと、お肌をまもる「皮膚常在菌」が少なくなり、どんどんお肌が弱っていくのに、外部の雑菌は殺菌剤に強くなっていってしまいます。
こうなってしまうと、さらに強い殺菌剤を使わなければならなくなってしまうという状態に陥ってしまいます。

洗顔を見直そう

 

ニキビができてしまうのは、洗顔が正しくできておらず、毛穴汚れに皮脂が詰まってしまうことです。
ですから、正しい洗顔はニキビを防ぐためにも必要不可欠です。

 

正しい洗顔とは、毛穴汚れの皮脂をきちんと落としつつ、洗いすぎないことです。

 

DUOクレンジングバームは、毛穴汚れの皮脂をキレイに落としてくれて、しかもお肌にやさしい作りです。ダブル洗顔が必要ないので、洗い過ぎの心配もありません。